TATAMIのionia


TATAMIラインは好みのデザインが多いのできっと最初の1足目になるとひそかに思っておりましたw
そう、意外にも(?)これが初ビルケンなのです。
以前に、これとは別のビルケンを試し履きしたことがあるのですが、履き心地が巷で言われてるようないいものにとても感じられなかったんですよね・・・それでなんとなく避けて通ってきたビルケン道。きっとわたしの足型には合わないんだろう、と。でも最近思ったんです。これは試し履きで真価を問うのはいささか早いのではないか、と。馴染んではじめて履きやすさが実感できるのではなかろうか、と。あと単にサイズ間違って試したりしてたんじゃなかろうか、とw
それで今年は1足買うのを目標にしておりましていろいろ物色していたらこのioniaにヒトメボレしてしまったってわけなのです。丁度去年これに似た木底の某サンダルの購入を見送っていたので(見た目はかわいいけど疲れそうなので)デザイン的には文句なし。サイズ選びが初めてで難しかったけど、夏と冬以外は靴下を合わせることを考えて一応大きめのほうを選びましたが、かなりタイトな作りなのでこっちで正解だったかな。やはり一度ちゃんとSHOPで測ってもらおう。

広告

野田琺瑯のPOCHKAシリーズ


ずっと欲しかった野田琺瑯のたらいを買うついでに、そのうち追加したいなぁと長いこと思っていたPOCHKAの15cmソースパン(写真左下)もようやく買いました。
20cmのキャセロール、ケトル、ミルクパンは何年か前から愛用中。ソースパンは他に手持ちで同じくらいの大きさのものがあるので最初はいらないかなぁと思って買わなかったんですよね。けどやっぱり全種類揃えたいなぁという欲望が沸々とw 15cmのキャセロールは元々買う予定はないので、一応これでPOCHKA全種類制覇、ということにw ふたりぶんのお味噌汁に丁度いいサイズでこれから活躍しそうです。
POCHKAシリーズは野田琺瑯の中ではお手頃な値段で買えるし、白い鍋たちはキッチンも明るくなるのでおすすめですよ。

Kanmi.集めてます


以前の日記でも取り上げてますが、Kanmi.の製品が好きでちょっとずつですが集めてます。少し増えてきたのでご紹介。
集めているのは主にアクセサリーなんですが、どうしてもこのゴマポシェットだけは欲しくて欲しくて。何ヶ月かまえについに買いました!オイルレザータイプよりもこのウォッシュタイプのくたくたなのが好み。小さいので必要最低限のものしか入らないけれど、ワンピース等のちょっとおめかししたお洋服の時に使ってます。革だけど軽いのもよいです。
小さいがま口のネックレスはちゃんと開く仕様になっているので、コイン数枚なら本当に入りますw わたしは何も入れてませんが、連絡先を書いたメモでも入れておこうかなぁと地震後に少し思ったりも。
黒猫のネックレスとお揃いのストラップは先日半額になっていたのを見つけて即購入。実は欲しかったけど悩んでたので嬉しい。

ペンキ塗り


今の家に住み始めて約7年になるのかな。引越し当初から家のプチリフォームを計画してはいたのですがなかなか実行に移せず・・・
古い賃貸なので家が変形するとかでなければある程度までは勝手にやっていいと思ってますが(身勝手)、簡単にできることはちょこちょこやってはいたけれど、大掛かりなものになるとどうしても面倒で大変で。
今年は大掃除を徹底的にしているのでもうついでというかなんというか流れに乗ってしまおうと。まずはずっと気になっていたキッチンと靴箱のペンキ塗り。バターミルクペイントというミルクを主原料とした自然塗料なので猫にも安心。においもほぼ無臭です。元はダークブラウンだった吊り戸棚がこんなふうになりました。これはYellowish Whiteという若干黄味がかったような白色です。キッチンが全体的に明るくなって満足。高級なキッチンにはどう頑張ったってならないんだから、古さを生かしてかわいいキッチンを目指すよ!誰かセンスを下さい。
ちなみに玄関ドアは職人さんが以前塗りにきたものなので違います。プロの仕事とはとても思えないやっつけ仕事だったからここも塗りなおそうかなぁ。

ほぼ日手帳


ついにほぼ日デビューしました。
カバーはキャンディチェックかコットンツイードがいいなぁと思ってたんですが、実物みたらシンプルだけどバタフライ部分やしおりが白黒2色になっていたりと小技がきいているのが気に入りこのブラックギンガムに。コットンツイードは実物見られなくてちょっと残念><
その存在を知ってからいつか使ってみたいなぁと思っていた手帳。実は2年程前に一度、購入する直前まで至ったんですがそれが2月のことで、4月はじまりのものしか売ってなくて悩んだ末に諦めたんですよね(手帳は1月はじまりじゃないとやっぱりイヤ;)。
以前は6穴タイプの手帳を使っていたのですが仕事を辞めてから手帳自体が必要なくなってきて、最近はもう必要最低限の予定だけ書き込めたらそれでいいみたいなかんじで。
だから今回、最後の最後までほぼ日を買うかどうしようか迷いました。【ほぼ(毎)日(家にヒキコモってる人間が持ってもいい)手帳(なのか?)】と。でも、逆にほぼ日だったらわたしみたいな人間でも使えるんじゃないかなとも思えたんです。字を書くのも絵を描くのも好きなので、いろいろ思ったことや猫の観察日記なんかをノートに書くように使えばいいやと。予定がたくさんある人にはもちろん、わたしのようにまったくない人にもほぼ日は使える手帳なのではないかしらと。
手帳を作っていくたのしみ、というのはたしかにほぼ日ならではですね。わたしの手帳はどんなふうに育っていくのかな。

かわゆい花子


生活するうえで、できるだけ環境破壊につながらないものや肌にやさしいものを選ぶようになって早数年、大掃除もナチュラルクリーニングのみでやっています。
去年まではアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)とパックスナチュロンのお風呂洗い用の2つだけでまかなっていたのですが、やはり大掃除にはちょっと何か足りないというかなんというか。
そこで酸素系漂白剤「かわゆい花子」を今年から投入です。これは以前から壁のヤニ取りに使おうかなぁと気になっていた商品。以前は完全に諦めていた壁の汚れですが禁煙が続いてるので(現在3ヶ月)今年は頑張って落とそうと思いまして。サイトを見たら大掃除セットとしてちょっとお得になっているものがあったのでまるっと買ってみました。真っ白とまではいかないけど(何度も使えば違うのかな?)、長年蓄積された汚れはすっきり落ちるので今後も地道に使い続けてみようと思います。
酸素系漂白剤は洗濯や洗濯槽のかび取りにしか使ってなかったけど、もっと早くにキッチンでも使えばよかった。茶渋落としで付け置きしたらもんのすごいきれいになって驚きました。シンクや油汚れ、冷蔵庫の中拭きにも使えるので今後は切らさないように定番として常にストックしなくちゃ。ちなみに去年の冷蔵庫掃除は、苦手なのにムリして酢使って撃沈しました><

キッチン貧乏グリーン


うちには猫がいるので基本的にお花や観葉植物の類は一切置いていません。時々買うことはあるのですが、絶対に手の届かない場所にしか飾れない→あまり目の届かない場所→意味ないのでどうしても心がうるおい不足に・・・そこでキッチン貧乏グリーンです。
野菜のいつもなら捨ててしまう部分でミドリを愉しむのです。お財布にもやさしい。うふ。
写真は随分前にとったものですが、大根と三つ葉かな。人参もちいさい葉っぱでかわいいですね。わたしはかぶは常備菜にするんですけど、大根は葉っぱがあまりきれいなものに当たらなくていつももったいないなぁと思いつつも捨ててたのですね(きれいなものはお味噌汁の具などにしてます)。
でもこれなら「鑑賞目的」なのでそんなにきれいじゃなくても、捨てる前にもう一花咲かせることがw