タグ : ごはん

最近の晩御飯


最近の夕食の(謎の)定番メニュー。十六雑穀米に、焼き野菜(トマト、アスパラ、ブロッコリー)、鶏胸肉の塩焼き。
焼き野菜はオリーブオイルで炒めてわさび醤油でいただきます(ブロッコリーだけ焼く前に塩胡椒を)。鶏肉は裏表に塩をふって焼くだけ。フライパンで焼くほうがやはり美味しいですが、コンロのグリルで焼けば余分な油も落ちるのでおすすめ。これに搾ったレモンをかけます。
アスパラとブロッコリーには脂肪燃焼効果があり、トマトにはそれを助ける働きが。わさびの辛味成分には肝臓の機能を活発化させ、解毒力を高める働きがあります。
鶏肉はたんぱく質をとるのが目的。たんぱく質をとって運動し筋肉をつけることで基礎代謝が上がります。皮や脂肪の部分を除いた鶏肉ならかなり低カロリー。胸肉はパサパサ感がありますが、わたしは元々ささみや赤身など油身の少ないお肉が好きなので平気。安いのも助かります。
また、コラーゲン(手羽先などに多く含まれる)は体内で再合成される時にビタミンCが必要となるのでレモンをかける、というわけです。
デトックスしながら基礎代謝を上げて、ダイエットにもなればなーと思いながらウォーキングを。

広告